アンチエイジング対策その2

いつまでも美しく若々しくありたい女性として生まれたからには全ての女性がそう願う事でしょうしかし女性の体はとてもデリケートに出来ていてホルモンの乱れにより様々な体の変調が起きてきますまた年齢を重ねるごとにホルモンの乱れは生じやすくなり美しさを損ないやすくなります例えばホルモンの乱れによってイライラやすくなり体は疲れやすく疲れが取れにくいなどの症状が起きやすくなります特に女性は毎月の月経のたびにホルモンバランスが崩れやすくなるので注意が必要です女性ホルモンには卵胞ホルモン黄体ホルモンとがありこれら2つのホルモンが交互に分泌する事で女性ホルモンの正常な作用を保つ事ができます女性ホルモンのバランスが崩れる事で生理不順や不妊の原因の髪がパサついてまとまらなかったり肌にハリがなくなりシワシミたるみなどの見た目が老け込む原因にもなります女性ホルモンを整えてアンチエイジングする方法年を取っても健康的で美しい女性は普段から生活習慣に気を配って生活を送っていますいつまでも不節制続けていると女性であっても男性同様加齢臭がしたり肌トラブルが増えるなど見た目年齢が実年齢よりはるかに上回ってみられますそこで女性ホルモンを整えてアンチエイジングに繋がる生活習慣をご紹介します①質の良い睡眠をとりホルモンバランスを安定させる睡眠はホルモンを整えて体を修復し体をリセットする大切な時間です睡眠の23時間前には食事を済ませましょう胃腸の働きが続いている状態だと脳が完全に休む事が難しくなります食事の時間をコントロールしてよく眠れる体をととのましょうまた寝る寸前までスマートフォンを使用する事で脳が覚醒してしまい寝つきが悪くなります眠る前の光を調節して眠りに入りやすい環境を整えましょう②体を温める体が冷えた状態では血流が悪くホルモンの働きを滞らせてしまいます軽い運動で汗を流し筋肉をほぐしたりシャワーで済ませずに湯船に浸かって体を芯から温めることで血流が良くなり体温もあがるのでホルモンの働きが良くなると共に老廃物の排出がスムーズになりダイエットや肌ハリを保つなど高い美容効果が期待できます③バランスの良い食事で栄養を補う私たちが生命を維持していくのに必要な栄養は主に食事から摂取しますタンパク質脂質炭水化物の大栄養素の他にビタミンカルシウムなど沢山の栄養素を様々な食品を組み合わせて摂取する事で健康で美しい体が作られていくのですが実際に必要な栄養を食事から毎日摂取するのは簡単な事ではありません自分の体質や生活から必要な栄養素が不足していると感じる場合サプリメントなどの栄養補助食品を用いるなどして体調管理する事も良いでしょう

アンチエイジング対策その3

アンチエイジングの対策人間は生きている限り年齢を重ねると共に老化が進みます若い頃に比べて肌のハリは無くなっていきシワやシミが増え頬やお腹にたるみが出てきてしまったりと多くの人が仕方のない事とは言え老いる事に対してネガティブな感情を持っている事でしょうアンチエイジングとはそんな老化を抑制し若さを保つ事ですがどのような対策をするべきなのか幾つか紹介したいと思います1.女性ホルモン(エストロゲン)増やす!】人は加齢とともに代謝が悪くなりホルモンの分泌も若い頃に比べ低下していきます特に女性はエストロゲン呼ばれるコラーゲンを増やすホルモンが低下し肌の潤いが失われていきますなのでアンチエイジングの対策としてこのエストロゲンを低下させないことが大切なのですエストロゲンを増やす為には食生活の見直しが大切なポイントです納豆や豆腐に多く含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので日常でも簡単に取り入れる事ができますまたにんにくやナッツ等に含まれるビタミンB6はエストロゲンを促進させてホルモンのバランスを整える効果がありホウレン草やカボチャ等に含まれるビタミンEも卵巣の老化防止に効果があるだけでなく強い抗酸化作用があり加齢臭の原因となるノネナール呼ばれる物質を抑制してくれる効果がありますこれらの栄養素をしっかりと摂る為に普段の食生活を改善してみると細胞を若返らせる事へ繋がりますサプリを服用されるのならこれらの栄養素にぜひ注目して商品を選んでみてください2.水分をしっかり摂る!】特別思い当たる事が無いのに慢性的に疲労を感じてはいませんか?年齢と共に体力が落ちて来て昔に比べると疲れやすいだけだと自分で判断してしまう前に一度かくれ脱水疑ってみて下さい脱水症状は真夏の炎天下の中だけで起こるものではありません冬の寒くて乾燥した時期にも水分の摂取量が自然と減る十分に起こるものなのです水分が足りなくなれば人は疲れやすいと感じるようになり立ち眩みやめまいが起きたりもしますそうならない為には水分補給を心がけて下さい水分は健康と美容を保つために欠かせない要素の1つなのです水分を取ると血液の流れも良くなり代謝を活発にするのでダイエット効果になり他にも体の中の老廃物や毒素を排出するデトックス効果がありますので老化を防ぐアンチエイジング対策にもなるのです化粧水等のスキンケアや紫外線によるUVケアももちろん大切ですが人間の老化の進行は体内と密接な関係があります食生活や生活習慣を見直し健康的な日々を送る事が老化の抑制になり肌や細胞を若返らせる成功の秘訣なのです

女性ホルモンの分泌のバランスと歯への影響は?

人の身体は加齢など歳を重ねてくる事で様々な体調の変化を起こします特に女性に顕著に現れる体調の変化に挙げられるのが更年期障害です40歳前後になると体内で分泌される女性ホルモンの分泌のバランスが崩れる事によって様々な症状を引き起しますよく知られている症状としてはホットフラッシュや頭痛肩こり慢性的な疲労感等がありますが歯周病や歯にまつわる症状も更年期障害の症状になっている場合があります歯周病は日本人の7割以上が掛かっている病気ですが人によってはその自覚症状が感じられない場合も有ります特に女性の更年期障害を起こしている人はこの歯周病に掛かっている人の割合が高いとされておりますこれは女性ホルモンのバランスが崩れてしまった事に起因しております女性ホルモンの一つであるエストロゲンと言われるホルモンは身体に潤いを与えてくれる働きも持っておりますしかし更年期障害でその分泌量が減ってしまうと女性の身体が潤いを失い身体全体が乾燥してくる状態になってしまいますこの乾燥状態は一般的にはお肌などの乾燥と思われがちですが実は口の中にも同じ言え口の中の乾燥は唾液の分泌量に関連してきます唾液の働きは口の中に潤いを与える事は勿論ですが食べ物のカスや歯垢等の汚れを洗い流す働きを持っております更に歯周病菌や虫歯菌等の雑菌の繁殖を抑えてくれておりますので唾液の分泌量の減少は歯周病等の発症のリスクが上がってしまう事になりますそこで重要になるのがお口のケアになります歯周病予防には唾液の分泌量が大きく関係している事から唾液をたくさん分泌できる様な食事方法等を摂り入れて行く事が必要になります食材としてはたくさん噛む事が必要な食物繊維の多い食材の利用や意識して噛む回数を増やす食事の方法を実践する事が大切です食事の後の歯磨きやマウスウォッシュ液等の活用も有効的な手段です更に歯周病予防に効果のあるサプリメント等も販売されているので利用して見ましょう歯周病予防に効果のある成分としてはビタミンニンニクエキスオルニチン等と言った疲労回復効果のある成分と葉酸やコエンザイム10等の炎症を抑えてくれる成分がありますがこれらの成分の配合されているサプリメントを利用すると良いでしょう更に歯を強くするカルシウムやハーブ等の成分も健康な歯を保つためには必要ですこれらのケアにきちんと取り組み何歳になっても入れ歯のお世話にならない健康的な口を保って行きたい物です

アンファーのサプリで妊活

その赤ちゃんはコウノトリが運んでくると言われておりましたが新しい生命の誕生はその不思議なもので生き物の神秘を感じさせてくれますがそんなコウノトリが運んできてくれる様な夢では無く現実には子供が授からないカップルは非常に多く妊活等の言葉も生まれてきた程です勿論子供が授からない原因はカップルの男性又は女性あるいは双方に何らかの原因があります特に現在では女性のホルモンの分泌の乱れなどのよる不妊治療に主眼が置かれておりますそんな女性を対象とした不妊治療はどの様に行われているのでしょう女性が妊娠する為の生理や排卵に関係するホルモンには2種類があります一つは抱卵ホルモンであるエストロゲンでもう一つは黄体ホルモンのプロゲステロンと言われる物ですどちらのホルモンも女性が妊娠または出産するためには欠かすことの出来ないホルモンですエストロゲンは女性らしい丸みを帯びた身体作り等の為に分泌がされますがプロゲステロンは妊娠しやすい身体作りや受精卵を子宮に定着させる等の働きを持っておりますところが何らかの原因でこのプロゲステロンの分泌量の低下等を起こしてしまうと妊娠し難くなってしまいいわゆる不妊症と呼ばれる症状となってしまいますこのプロゲステロンの不足を補うために良いとされているのがビタミンEを多く含も食品で女性ホルモンの分泌を司る脳下垂体と言われる部分に影響を与え生殖機能を維持するとされておりますしかし現代の日本人の食生活で必要なビタミンEを始めとした様々な栄養素を充分に摂る事は難しくなっておりそんなバランスの悪い食生活を改善してくれる物としてサプリメントを有効的に活用して行く事が望ましく日本の厚生労働省でもサプリメントの摂取を推奨しております現在の日本人の食生活において特に摂る事が難しいとされている栄養素はミネラルやビタミンであるとされておりますそのもしも妊活中の場合にはこれらの栄養素が配合されたサプリメントを利用する事が望ましいです更にミネラルやビタミンもマルチミネラルやマルチビタミンと言われる複数の成分が組み合わされた物であれば更に良いと考えます意識しておきたい栄養素に葉酸と言われる物がありますこの葉酸は妊娠後の流産や胎児の先天異常のリスクを軽減するために必要な栄養素ですので是非摂り入れる様にしましょう但しサプリメントの使用は使えば妊娠すると言う物では無くあくまでも妊娠しやすい身体にする為にホルモンのバランスなどを整えて行く事が目的であると言う事を理解しておく事が大切です

しかし、近年はサプリメントの進化は著しく、サプリを飲むのと飲まないのでは妊活の成功率が変わってくると言われています。もちろんプラシーボ効果(薬を飲んでいることでメンタル面がポジティブになっている影響)もあるとは思います。

2017年9月20日にアンファーから発売されたコウノトリフォーパパは、精液の増加と精子数と活動量UPを謳っています。

しかもメンズヘルスクリニック東京という有名な男性用妊活外来病院が監修しています。

何としても子供が欲しい男性は一度試す価値があるのではないでしょうか。

エストロゲンの減少の影響その①

中高年が多く抱える体の不調の中に四十肩五十肩があります肩の痛みや肩が上がらないといった症状が特徴ですが医学的には肩関節周囲炎呼ばれる病気で一般的に発症する年齢が四十代五十代の方に多いことからこのように呼ばれています具体的な症状としては肩が痛くて腕が上がらない寝る時に肩がが疼いて眠れない肩の痛みで目が覚める無理に動かすと激痛が走る黙っていても鈍い痛みがあるなどの辛い症状を伴いますこの様な症状が酷くなると腕が上げられず衣服の着替えが困難だったり力仕事をする事が難しくなり日常生活にも支障をきたしてしまいます肩関節周囲炎はまず急性症状が起き前触れもなく強く激しい痛みが起こり重度の場合は指先まで痺れる強い痛みが出る場合もありますその後一週間から数週間かけて痛みが和らぎ鈍い痛みが慢性的に続きます手術などの必要はないのですが症状が回復するまで数ヶ月から数年と時間がかかるのも特徴ですこの肩関節周囲炎を発症するのは男性より女性に多く起こる事が分かっています女性に多い原因としては男性に比べ筋肉量が少ないことと女性ホルモンであるエストロゲンが40代後半から減少する事も要因になっています筋肉は血液を運ぶポンプの役割もあるのでポンプの働きが悪い事で血行不良を起こしやすいのです冷え性や肩こりの症状が女性に起きやすいのもこの為です肩関節周囲炎は肩の周辺の筋肉を動かさない人程発症しやすいと言われていますまたエストロゲンというホルモンは腱や腱鞘血管筋肉などを柔らかくそれぞれの働きを高める作用がある事が知られています肩の痛みを予防し症状を改善する方法としては日頃から規則正しい生活をしてホルモンバランスを整えておくことと適度な運動が大切なですサプリメントで病気を治す事は出来ませんが症状が起きにくい体質を作り予防する事が出来ますグルコサミンやコンドロイチンが配合されたサプリメントは軟骨の修復再生を助ける働きがあるので肩の痛み腰痛膝の痛みの予防と症状の緩和を助ける効果があります散歩やストレッチなど軽い運動を心がけている事で肩こりなどの筋肉の痛みや関節の痛みを防ぐ事ができます肩関節周囲炎の症状が出ている場合にも入浴でしっかりと体を温め血行を良くした無理をしない程度に肩周りのストレッチをして筋肉をほぐす事で関節の動きをスムーズに痛みを和らげる事が出来るのです