女性ホルモンの分泌のバランスと歯への影響は?

人の身体は加齢など歳を重ねてくる事で様々な体調の変化を起こします特に女性に顕著に現れる体調の変化に挙げられるのが更年期障害です40歳前後になると体内で分泌される女性ホルモンの分泌のバランスが崩れる事によって様々な症状を引き起しますよく知られている症状としてはホットフラッシュや頭痛肩こり慢性的な疲労感等がありますが歯周病や歯にまつわる症状も更年期障害の症状になっている場合があります歯周病は日本人の7割以上が掛かっている病気ですが人によってはその自覚症状が感じられない場合も有ります特に女性の更年期障害を起こしている人はこの歯周病に掛かっている人の割合が高いとされておりますこれは女性ホルモンのバランスが崩れてしまった事に起因しております女性ホルモンの一つであるエストロゲンと言われるホルモンは身体に潤いを与えてくれる働きも持っておりますしかし更年期障害でその分泌量が減ってしまうと女性の身体が潤いを失い身体全体が乾燥してくる状態になってしまいますこの乾燥状態は一般的にはお肌などの乾燥と思われがちですが実は口の中にも同じ言え口の中の乾燥は唾液の分泌量に関連してきます唾液の働きは口の中に潤いを与える事は勿論ですが食べ物のカスや歯垢等の汚れを洗い流す働きを持っております更に歯周病菌や虫歯菌等の雑菌の繁殖を抑えてくれておりますので唾液の分泌量の減少は歯周病等の発症のリスクが上がってしまう事になりますそこで重要になるのがお口のケアになります歯周病予防には唾液の分泌量が大きく関係している事から唾液をたくさん分泌できる様な食事方法等を摂り入れて行く事が必要になります食材としてはたくさん噛む事が必要な食物繊維の多い食材の利用や意識して噛む回数を増やす食事の方法を実践する事が大切です食事の後の歯磨きやマウスウォッシュ液等の活用も有効的な手段です更に歯周病予防に効果のあるサプリメント等も販売されているので利用して見ましょう歯周病予防に効果のある成分としてはビタミンニンニクエキスオルニチン等と言った疲労回復効果のある成分と葉酸やコエンザイム10等の炎症を抑えてくれる成分がありますがこれらの成分の配合されているサプリメントを利用すると良いでしょう更に歯を強くするカルシウムやハーブ等の成分も健康な歯を保つためには必要ですこれらのケアにきちんと取り組み何歳になっても入れ歯のお世話にならない健康的な口を保って行きたい物です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です